STOP マイナンバー 監視社会はいやだ
マイナンバー違憲訴訟@九州
提訴のご報告
マイナンバー訴訟九州 訴状の要旨
各地訴訟の予定
仙台: 2016.12.13/13:15 第5回弁論
仙台地裁308号法廷
新潟: 2016.10.31/15:30 第4回弁論
新潟地裁1号法廷
金沢: 2016.12.21/13:30 第5回弁論
金沢地裁205号法廷
東京: 2016.10.4/11:00 第3回弁論
東京地裁103号法廷
神奈川: 2016.10.13/11:00 第2回弁論
横浜地裁101号法廷
名古屋 2016.11.4/11:30 第3回弁論
名古屋地裁1102号法廷
大阪: 2016.11.24/14:00 第4回弁論
大阪地裁202号法廷
九州: 2017.6.5/13:30 第5回弁論
福岡地裁301号法廷
平成28年3月24日、14名の方が提訴しました。
マイナンバー違憲九州訴訟弁護団の事務局長を務めさせていただいております弁護士の井上敦史です。
マイナンバー違憲訴訟の提訴についてご報告させていただきます。
平成28年3月24日、福岡地方裁判所に、福岡県・鹿児島県在住の14名の方々が、国に対し、マイナンバーの収集・保存・利用及び提供の差し止め、国が保存しているマイナンバーの削除、慰謝料等を求める訴えを提起しました。
 提訴後には記者会見を行い、記者会見では原告の石村善治氏や矢野勇雄氏から本訴訟を提起するに至った思いなどをお話しいただき、当日の夕方のニュースで報道されたり、翌日の新聞に掲載されたりしました。

 マイナンバーの違憲訴訟は、福岡だけではなく、東京、大阪、仙台、新潟、金沢、神奈川、愛知でも行われています。
 2016(平成28)年3月24日時点ですが、原告数は全国で486名となっています。これからも提訴は行っていく予定ですので、一人でも多くの方に声をあげていただきますよう、よろしくお願いいたします。
 私たち九州弁護団総勢45名も皆様とともに頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


マイナンバー違憲九州訴訟の第2回口頭弁論
マイナンバー関連リンク集
マイナンバー違憲九州訴訟弁護団代表からの挨拶
マイナンバー違憲九州訴訟の第2回口頭弁論
マイナンバーはいらない
意見陳述 原告 中嶋安雄
意見陳述 松本弁護士
意見陳述書 原告 石村善治
意見陳述書 原告ら訴訟代理人弁護士 山本一行
マイナンバーに関連するニュース
マイナンバーの個人向けサイト半年延期 来年7月運用へ 透明性確保に遅れ
SNSで”なりすまし”は「アイデンティティー権」侵害!?ネットで人権侵害されたら?
GMOグローバルサイン、マイナンバー制度を利用した「オンライン本人確認サービス」を提供
マイナンバーと個人情報保護法--外部委託サービスは“安全”か
マイナンバー違憲九州訴訟
【問合せ先】
〒810-0041
福岡市中央区大名2-7-11 斉藤ビル3階
あおぞら法律事務所 弁護士 井上 敦史
Tel:092-721-1425 Fax:092-721-1498
8
7月15日、午後1時半から福岡地裁の3階にある305号法廷で、マイナンバー違憲九州訴訟の第2回口頭弁論が行われました。

今回は、傍聴人が多くて席に座りきれず、裁判所の係があわてて予備の座席を用意していました。
傍聴人が多いということは多くの国民がマイナンバー裁判に関心を持っているということを意味しています。
裁判官も審理の手を抜くことなく進めてくれるのではないでしょうか。

さて今回の裁判では、原告の中嶋さんと弁護士の松本さんが意見陳述を行いました。

中嶋さんの意見陳述
松本弁護士の意見陳述

次回の裁判は、10月24日(月)福岡地裁の3階、303号法廷で13時半から開かれる予定になりました。


門前集会


報告集会




マイナンバー訴訟九州ホームページ管理人 矢野勇雄です。このページに関する問い合わせはメールアドレス yanoisao@nifty.com へお願いします。